こっち向いて! たっけー☆☆

あらすじ

日本に遊流迦羅という特殊生命体が発生してから数年。東京都福生市にも、たっけー☆☆という遊流迦羅がおり、人気者として活躍していた。

そんな、たっけー☆☆に会いに数年ぶりに福生市に足を踏み入れた男がいた。その男の名は裕次郎、売れない作家だ。七夕まつりの会場でたっけー☆☆を見つけた彼は涙を流した。そして、彼とたっけー☆☆に纏わる過去を思い出す。

小説家の裕次郎が彼に会いに来た理由とは?

たっけー☆☆の誕生に纏わる切ない過去とは?

人の願いを叶えるたっけーハイタッチに隠された秘密とは?

7歳で亡くなった恒吉豊竹という少年に纏わる奇跡が読んだあなたの胸を揺り動かす! 読後、今よりも少しだけ全てのことに一生懸命になれる心のサプリメントのような小説です!

 

執筆意図

 西多摩新聞様で「弱虫時計と君だけの神様」を連載中に、ふと地元、福生市のゆるキャラ、たっけー☆☆の小説を書いたら楽しくなるかなぁ、なんて構想を練り始めたのですが、日常に流され、週一回の連載すらも厳しくなってきた中で、頭の片隅に追いやられていました。

しかし、連載が終了したあとに、福生市を拠点に活動している盟友・overthedogsVo.恒吉豊君の名をもじり「ゆたけ」というダジャレが思い浮かんだときに、物語がたっけー☆☆というキャラクターとばっちりはまり動き出しました。

推敲にさすがに時間が掛かりましたが、物語を完結させるまでは2週間程度でできたのもアドレナリンが出ていたのでしょう。あまり書いたことない漫画的なファクターや、ギャグ、そして、もう一人の主人公に自分の名を使うなど(おそらく有栖川来栖をその前に読んだことが影響している気がする)、自分でもここまで遊び心のある小説を書けたことに驚きました。読み返しても自分が書いた小説のようには思いません。

また機会があればこんな物語を書いてみたいです。すごく楽しい経験でした。

 

 出版にあたって

まず、小説を書きあげてから、出版社に企画を相談し、出版のGOサインをいただきました。その後、overthedogsに歌詞と名前の使用許可の打診をし、福生市様に企画書と原稿を持ち込みました。恒吉君は二つ返事で快くOKしてくれました。男前だ。

福生市様は、たっけー☆☆の小説を出版したいという前代未聞の依頼に戸惑われたようでしたが、結果としては、「小説自体は公認ではないが、出版に関しては問題ない」という形で、特殊なケースとして認めていただきました。寛大な対応に感謝です。

同時出版ということや、自分の我儘で出版が遅れてしまい、さらに熊本での震災で出版時期は当初の予定よりも半年弱伸びてしまいましたが、ようやく出版の運びになりとても嬉しく思っています。この間にもいろいろと自分の中でも考えることがあり、やはり無駄なことなど何もないというのは本当のことだと思いました。

無茶苦茶な思い付きから始まったこの小説が形になることで、やはり人生は出会いと行動で変わるんだな、と体感することができました。

次は何を形しようかな。 

 

タイトルについて

小説のタイトルは結構悩みましたが、たっけー☆☆のアプリ「こっち向いて! たっけー☆☆」というものがあるのですが、そのタイトルが秀逸だな、と思い、製作者の方に連絡を取り、許可をいただけました。アプリの名を見た瞬間に、ラストシーンが頭に浮かびました。。

 

ご購入立ち読み

 


overthedogs

この小説の鍵を握るこのバンド。実は出会いはもう8年ほど前になります。あまり友人関係を築くのが上手でない私が、こんなにも自然に友達になれたのはお互い似たようなところがあったからでしょう。友人であることを差し引いても、めちゃくちゃ良いバンドなので、是非とも聴いていただきたい。どの曲も良いのですが「おはよう、いってきます」「ココロデウス」「どこぞの果て」は必聴!ライブで聴くと毎回涙腺が緩みます・・・。

この小説には「ゆたけ」以外にもメンバー全員が登場しているのでファンの方は探してみてください。また、意識的に文章の中に彼らの歌詞を散りばめてもいますのでニヤリとしていただければ幸いです。今回、快く歌詞、名前を使用させていただき、改めて感謝を申し上げます。

http://overthedogs.com/

ALLSUNDAY.INC

高校の同級生PONが社長を務めるデザイン会社。まさにセンスの塊、というかセンス以外は何もないような男です。

高校時代は二人で毎日一緒にいたなぁ。

こんな風に作品を一生に作れたことが嬉しく思います。ただ、これは第一歩。これからも腐れ縁は続き、死ぬまで一緒に馬鹿やるんだろうと思います。

その規模が少しずつ大きく、そして当然のように楽しくなればないいな。

SID&NYANCYのロゴも弱虫時計と君だけの神様の表紙も彼に手掛けてもらいました。

彼のセンスをここでチェキ!

http://www.all-sunday.com/

 

TAKKE☆☆

 私は30年以上福生市に住んでいて、ゆるキャラという概念が生まれる前からの住人なため、初めはたっけー☆☆という自分よりあとに出てきたキャラクターにあまり愛着がわかなかったのですが、地元のお祭り等で時折見かける彼を見続けていると非常に愛情が湧いているのに気がつきました。

 初めに自覚したときは「福生市にゆるキャラっているの?」なんて質問が来たときに、たっけー☆☆の画像を見せると「なにこれ? 変なの」なんて言われた時です。無意識的にたっけーは変じゃないし! と思っている自分がそこにいました。

 星の王子さまがキツネに言った「なつく、なってなに?」の答えがそこにはありました。 

 私はたっけー☆☆が大好きでした。


メールはこちらから